×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ロボさんの作品
まいど。ドキュメント。

旅と言えば、思い出すのはやはり「ぶらり途中下車の旅」である。

 いきなり「絵びばで。」の主旨からずれていないか心配になる書き出しであるが、
 別に、阿藤快やダニエル・カールについてとやかく言うつもりはない。

 例えば、駅名を知ってはいるが、降りたことのない街。

 改札を抜けるとすぐに、
 申し訳程度のロータリーがあって、
 その中心はツツジの植込み、真ん中に変な石像がでんと居座っている。

 駅の正面から、
 いかにも「昭和」な雰囲気の商店街に続く路地がすっと奥まで伸びて、
 色とりどりのビニールでできた安っぽい飾りが
 これまた安っぽく揺れている。

 そんな見慣れない町並みをぶらぶらと歩いていると、
 普段は目に留まらないものに目が留まり、
 普段は気が付かないことに気付いたりする。

 忘れかけていた、もしくはすっかり忘れていた思い出を、
 不意に思い出したりする。

 旅先の風景から逆説的に見えてくる、日常の風景、そして自分。

 見失う。

 たまには、ぶらりとそんな小さな旅に出るのも悪くない。