×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロボさんの作品

まいど。ドキュメント。


例えば時計がいくつかあったとして、それが各々違う時間を指していたら、
どれが本当に正しい時間なのかは分からない。

しかし、現時点(21時00分)で
カンボジアの現在時刻は19時00分であり
アルジェリアの現在時刻は13時00分であり、
トリニダード・トバゴの現在時刻は08時00分であり、
アラスカの現在時刻は03時00分である。

そして、どれも「正しい」時間である。

時間というのは概念的なものなのだ、と思うと同時に、
標準時や時計という尺度を最初に思いついた人は偉いと思う。


あ、そういえば、今日は会社に遅刻した。
・・・標準時や時計なんて厄介なもの、誰が最初に思いついたんだ、全く。

直後に顔面蒼白。

***
時計といえば、「大きな古時計」という童謡があるだろう。

小学校の頃に一度は歌ったことがあるのではないだろうか。
また、平井堅が歌ったことでも有名である。

あの「大きな古時計」に続編があったという話を最近知った。

・・・こ、これは・・・平井堅が歌っても到底ヒットしそうにない。

いい話のまま終わるかと思いきや、どうにも救いのないエピローグ。
「チコタン」並みの急転直下である。

アメリカ人も、冥王星が惑星から除外されたことに抗議するくらいなら、
「大きな古時計」のこの扱いにこそ抗議するべきだと思う。